ダイエット

温野菜ダイエット法の特徴とは

投稿日:

現在ダイエットには、様々な種類のダイエット法が存在しますが、近年新たに注目されてダイエット法として「温野菜ダイエット」という方法が、注目を集めています。 温野菜といえば、生のまま野菜を食べるより食べやすいイメージがありますが、栄養成分が全て温めることによって分解されたり、流れでてしまうのではないか等、そんな点も不安に抱える人も多いかと思います。実際の温野菜におけるダイエット法とは、本当に効果があるものなのかどうかその特徴について解説していきましょう。

温野菜ダイエットの方法とは

温野菜ダイエットの方法とは、単純に毎日の食事に温野菜を取り入れる方法です。特に食前に温野菜を摂取することでと満腹になりやすく、食べすぎてしまうのを防ぐことができます。又温野菜を食事の前に食べると体の血糖値の急激な上昇を抑える事ができるため、ゆるやかに上がるので、体に脂肪が付きにくいです。

温野菜ダイエットの方法ですが、低カロリーだからといって食事を温野菜に置き換えるのはやめましょう!食事を温野菜に置き換えると摂取カロリーを抑えられますが、栄養バランスが乱れてしまい健康的なダイエットにはなりません。

体調を崩してしまったり、リバウンドしやすくなってしまうので注意しましょう。

温野菜ダイエットの効果とは

それではまず、温野菜ダイエットの効果についてどのような効果があるのか見てきましょう。温野菜には、大きく分けて3つの効果があります。

<温野菜ダイエットの3つの効果とは>
・便秘改善
・低カロリー
・血行改善

便通改善効果

食物繊維が豊富に含まれている野菜を温野菜にすると、便通が良くなりますよ!便通を良くするためにおすすめの野菜がこちらです。

<便通改善効果の高い食材>
・ごぼう
・かぼちゃ
・ブロッコリー
・ほうれん草

低カロリー

温野菜は野菜の種類にもよりますが・・・かなり低カロリーなので、たくさん食べても太りにくいです。温野菜によく使われる野菜で、100gあたりのカロリーがこちらです。生の状態でのカロリーなので、温野菜にした場合は1〜2kcal前後する可能性があります。

<低カロリー食材>
・かぼちゃ   :91kcal
・人参     :37kcal
・ブロッコリー :33kcal
・キャベツ   :23kcal

保温効果

生のまま野菜を食べると、野菜に含まれている水分で体を冷やしてしまいますが・・・温野菜にすると体を温めてくれる効果がありますよ!体が温まると代謝が良くなるので、脂肪が燃えやすくダイエットにつながります

では実際に、温野菜ダイエットはどのように行えば良いのでしょうか?続いて温野菜ダイエットの方法について、説明していきたいと思います。

ダイエットに効果的で簡単な温野菜の作り方とは

温野菜は、身体に良いだけでなく手軽にヘルシーに食すことができる女性に人気なお手軽簡単料理です。そんな温野菜の作り方をお伝えしていきましょう。

<温野菜の作り方>
1.野菜のカット
2.洗う
3.電子レンジで加熱する

野菜はなるべく同じ大きさにカットするようにしましょう。野菜の大きさがバラバラだと、加熱した際にムラが出来てしまいます。野菜を水洗いした後は、水分を切りすぎないように気を付けましょう。

水分を完全に切ってしまうと、加熱した際に野菜が干からびてしまいます。野菜を器に入れたら軽くラップをします。器を完全にラップで塞いでしまうと、加熱した際に野菜が爆発してしまうので注意しましょう。

電子レンジの加熱時間ですが、野菜にもよりますが大体2〜3分位でOKです! 電子レンジの機能に「ゆで野菜」がある場合は、ぜひ利用して下さい。

温野菜ダイエットの注意点やそのポイントとは

・茹でるだけの簡単調理法!蒸し器や電子レンジの使用
・野菜は加熱でビタミンが溶け出してします
・味付けはポン酢よりもオリーブオイル等のドレッシングがオススメ

このように、電子レンジだと温野菜が簡単に作ることもできますし、何より調理時間もほとんどかからないので、毎日継続しやすくなります。温野菜は茹でて調理すると、水溶性のビタミンが水に溶けてしまうのでもったいないです!

なるべく栄養素を残すためには、蒸し器や電子レンジで調理することをおススメします。

温野菜の味付けですが、カロリーを抑えるためやあっさり食べるために、ポン酢を使用する方非常に多いです。しかし、野菜には水溶性と脂溶性のビタミンが含まれており、身体に良い脂溶性のビタミンは、油と一緒に摂ることで効率よく吸収されます。そのため、温野菜はポン酢よりもドレッシングをかけて食べる方が良いでしょう。

たしかにドレッシングの方がカロリーは高めですが、他の食事で調整すれば問題ないでしょう。

・ポン酢    ・・・10g当たり5.6kcal
・ドレッシング ・・・10g当たり20〜50kcal

温野菜ダイエットにオススメ野菜とは

そんな温野菜ダイエットですが、簡単に出来る野菜をご紹介していきましょう!

芽キャベツ

芽キャベツには

・ビタミンB1,B2,C

が含まれており、糖質・脂質を効率よくエネルギーに変えてくれます。又キャベツの4倍とも言われるビタミンCを含み、ガン予防にも有効な野菜です。又ビタミンCは熱で溶けだしてしまうため、ラップ等にくるんでから、レンジでチンすれば栄養素も逃げず、摂取することができます。

ブロッコリー

ブロッコリーには、様々な栄養成分が豊富に含まれており、

・ビタミンC,E
・ミネラル
・β-カロテン
・クロム
・フィトケミカル

糖質・脂質代謝を助けるクロムが含まれているので、栄養満点でダイエットにも効果を発揮する野菜です。 塩茹でにすると冷蔵庫で5日間ほど美味しいまま保てます。ちなみに、茹でた後でもビタミンCが残っていますので、茎も栄養が詰まっているので残さず食べましょう。

アスパラ

アスパラは、新陳代謝を促して糖質を筋肉のエネルギーに変えることに役立つアスパラギン酸や、糖質・脂質の代謝に役立つビタミンB群を含むのでとてもダイエットに効果的な野菜の一つです。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.