ダイエット

リバウンドしないダイエット!リバウンドでダイエットを無駄にしないためには?

投稿日:

ダイエットでよくありがちなのが、ダイエット終了後にリバウンドしてしまうことです。リバウンドすると、体重が元に戻るかそれ以上増えてしまい、ダイエットの努力が水の泡になってしまいます。では、なぜダイエット後にリバウンドしてしまうのでしょうか。リバウンドをしないためのポイントも併せて解説していきます。

なぜリバウンドするのか

リバウンドとは、ダイエットで体重が減少した後に、元の体重またはそれ以上の体重になることを言います。ある調査によると、日本人でダイエットをした人の6割がリバウンドをしてしまうそうです。リバウンドを繰り返すことで、太りやすい体質になるとも言われています。

ホメオスタシスがエネルギー消費を抑えている

ホメオスタシス(別名生体恒常性)とは、体温や血液量などの内部環境を一定範囲内に保つ働きをする物質です。ダイエットとして食事制限を始めてしばらくすると、体重の減りが悪くなったという声を聴きますが、これは身体に入ってくるエネルギーが減ったことで、ホメオスタシスがエネルギーの消費を抑えていることが原因です。

ダイエットを終了してもホメオスタシスは働き続けているため、以前の食事量に戻すとエネルギーが消費されずに脂肪になりリバウンドとなってしまうのです。

ダイエット後は満腹感を得られにくい

リバウンドするもう1つの理由として、レプチンと呼ばれる物質の分泌量があります。レプチンは食欲をコントロールするホルモンで、脂肪が吸収されると脳の満腹中枢が刺激され、満腹感を感じるようです。

ダイエット期間中は食事の量を減らすことでレプチンの分泌量も減ります。しかし、ダイエット終了後に食事の量を増やすと、レプチンが元の分泌量になるまで1ヶ月ほどかかるため、満腹感を得られずに食べ過ぎてしまうのです。

リバウンドしないためにはどうすればいい?

リバウンドをしないためには、どうすればいいのでしょうか。

ダイエット期間は最低でも3ヶ月!

よく「1ヶ月で〇kg痩せる」など、短期間でダイエットを成功させようとする方がいますが、たとえ1ヶ月で目標体重まで痩せたとしても、その後に元の食生活に戻ってしまってはリバウンドする可能性が高いでしょう。

短期間で痩せたとしても、最低3ヶ月間はダイエット期間として、運動や食事制限を続けると、ホメオスタシスの作用を活用して太るのを防ぐことができます。

無理な食事制限はリバウンドを招く

無理な食事制限をしていると、筋肉量が落ちてしまいます。筋肉はエネルギーを消費する役割があるため、ダイエット後に元の食生活に戻ることでエネルギーの消費量が落ちてしまい太りやすくなってしまうのです。

ダイエット中は過度な食事制限をせずに、きちんと栄養を摂りながら運動をすることで筋肉量を維持できます。

ストレスを溜めない

ダイエット中は大好きなおやつやデザートを控える方が多いでしょう。しかし、好きなものを禁止にしているとストレスが溜まってしまいます。この状態でダイエットを終えておやつやデザートを解禁すると、ストレス発散のためについ食べ過ぎてしまう方が多いのです。

ダイエット中でも、夜遅い時間帯でなければおやつやデザートを食べても脂肪になりにくいとされています。1週間に1回は好きなものを食べてもいいと決めるのも良いでしょう。

ダイエットの努力を無駄にしないために

ダイエットはリバウンドをせずに落とした体重を保てることができて、初めて成功と言えます。リバウンドを防ぐためには、体重が減少した時点でダイエット成功と思わずに、その体重を長期間保つまでがダイエットだと思うことが大切です。

ダイエット期間を最低3ヶ月設定し、ダイエット中は栄養のある食事と運動に気をつけ、ストレスを溜めないように、食べ過ぎない程度におやつやデザートを楽しんでください。そうすることで、リバウンドをせずに落とした体重と痩せた身体を維持できるでしょう。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.