ダイエット

ピーナッツは実は栄養の宝庫!ダイエットにも取り入れて

投稿日:

ピーナッツ、と聞くとバターピーナッツだったり、チョコピーナッツだったり、高カロリーなお菓子とセットになっているイメージがあり、ダイエットには不向きの食品と思う方も多いのでは?実はピーナッツはナッツの中でも栄養が豊富に含まれており、正しく食べればダイエット効果もアップする食品なんです!今回はそんなピーナッツについてまとめてみました。

ピーナッツに含まれる栄養って?ダイエットに効果的な理由

ピーナッツには、太りにくい油が含まれておりGI値も28なので、血糖値も上がりにくいという特徴があります。間食する度に10粒程度をよく噛みながら水と一緒に食べるようにすると水によってお腹の中で膨らむので、満腹感を得ることができます。こういったところもダイエットに効果的と言われる所以です。

又ピーナッツには、ダイエットに必要な成分が含まれていて、ビタミンやミネラル、アミノ酸や脂肪酸など多くの成分が含まれています。確かに高カロリーなので、食べ過ぎには注意が必要ですが、適切な量を適切なときに食べればダイエット効果もアップすること間違いなしです!

ダイエット以外のピーナッツの効果とは?

ピーナッツなどに含まれている「オレイン酸」には、血中の悪玉コレステロールを減らし、心臓病や動脈硬化、高血圧を予防してくれる作用があります。コレステロールを減らしてくれる効果があるので胆石などにもいいとされています。

先にも書いた通りピーナッツは低GI値食品なので、健康な人の糖尿病リスクを減らせるだけではなく、2型糖尿病の人にも一日血糖維持に効果があります。約40gのピーナッツを朝食に摂るだけで午前の血糖値上昇を抑えるだけではなく、数時間後にピーナッツを含まない高炭水化物の昼食を摂った後の血糖維持効果も確認されています。

また、血糖値を下げるインスリンの分泌に重要なマグネシウムの供給源としてもピーナッツは優秀な食品です。他にも、ピーナッツを食べるとニキビができるなんていうイメージを払拭してくれる効果で美肌効果なんかもあります。

アクネ菌を抑えたり、メラニンの生成を抑えて美白にしてくれる効果なんかも期待できるというのですから驚きですよね。

ピーナッツを食べるタイミングは?食べ過ぎるとどうなる?

では、そんな優秀食品のピーナッツを取り入れるにはいつが最適かと言いますと、1日の中では2度タイミングがあります。1回目は朝食や昼食の時に他の食事と一緒に10粒程度のピーナッツを食べる。

2回目は夕食前や空腹時などにピーナッツを食べるのがおすすめです。2回目は特に食事前の17時頃がいいとされています。その他の時間も食べてはダメということではありませんが、ダイエットに効果があるので上の2回のタイミングがベストとのこと。

逆に、ピーナッツを食べ過ぎてしまうとどうなるのでしょうか?まず、ピーナッツの成分の半分以上は脂質でできており、不飽和脂肪酸で血液をサラサラにしてくれたり、生活習慣病の予防にとても良いというメリットもありますが、高カロリーのため、食べ過ぎることにより肥満を招くことがあります。

ダイエットのためにピーナッツを食べているのに、結局太ってしまったら元も子もありませんよね。又、ピーナッツに含まれているビタミンなどが、食べ過ぎることにより肝臓に溜まり負担をかけることがあります。

そして、消化吸収が悪くなることにより腹痛や下痢などになりやすく肌荒れの原因ともなります。

ピーナッツを取り入れて健康的にダイエットを!

1日25〜30粒食べるだけでダイエットにつながるなら、試してみない手はありません。減量だけでなく、広い意味で健康増進にも役立つので、ピーナッツはぜひおすすめしたい食材です。

食事制限やきつい運動でダイエットをするよりも、ピーナッツなどの身近で美味しい食材を取り入れたダイエットをすることでそこまでストレスもかからず楽しくダイエットができます。

運動や食事制限が苦手…という方、ぜひピーナッツを日常習慣に取り入れて健康的にメリハリボディを目指しましょう!

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.