ダイエット

ダイエット中でもOKな「おつまみ」とは?おすすめ食材とメニューを紹介!

投稿日:

ダイエット中にも関わらず、合コンのお誘いや会社の飲み会など予定が入ったりしますよね。せっかくの努力が水の泡にならないためにも、ダイエット中にオススメのおつまみとお酒ををご紹介します。

ダイエット中でもOKなおつまみとは?

ダイエット中でもメニュー選びに気を配れば失敗や後悔することはありません。外飲みでも家飲みでも対応できるよう、いくつかのメニューをご紹介します。

枝豆

枝豆は茹でるだけなので、余分な脂肪分を摂ることもなく、お酒との相性も良いのでオススメ。たんぱく質、カリウム、食物繊維など栄養価が高く、低カロリーなので、満腹感がありながらも摂取カロリーが低いのが嬉しいポイント。

また、枝豆のコリンという成分は脂肪の蓄積を予防してくれるだけでなく、利尿作用もあるので、お酒によるむくみ対策にもなります。

豆腐

豆腐もご存じのダイエット食材です。居酒屋なら冷奴、湯豆腐などが定番ですね。カロリーが低く、良質なたんぱく質が摂れます。揚げ出し豆腐や麻婆豆腐は油分が多いので控えましょう。

また、体を温めて代謝を良くするショウガや糖質の燃焼を促すアリインを含むネギ、デトックス効果のあるワサビなどの薬味を多めにトッピングするのも良いでしょう。冷奴も湯豆腐もタレは油分の少ないサッパリしたものを選びましょう。

ナッツ類

ナッツは少量で満足感がありながら、お酒との相性も良いのでオススメです。ナッツには脂質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。ナッツの脂質は良質の油なので、血流を良くする働きがあります。

ナッツは脂質が高いため、食べ過ぎると吹き出物が出る人もいます。適量としては手のひらに乗る程度です。お店ではあらかじめ塩分をつけてあるものが多いので、少し手で塩分を払って食べるか、無塩のものがあればそちらを選びましょう。

刺身

刺身は和食のお店や居酒屋ならほとんど置いてありますし、家のみならば準備も簡単なのでオススメのおつまみです。肉に比べて低カロリーで高タンパクでありながら、余分な調味料をつかわずに調理できるので、ダイエット中には最適です。

魚の種類によっては油分が多いものや高カロリーのものがあるので注意が必要です。オススメの刺身はマグロの赤身、イカ、タコ、サーモンなどです。一般的でどの店にも置いてあるので注文しやすいですね。

キムチ

韓国伝統の味であるキムチは美意識の高い韓国美女愛用の食品です。キムチの辛み成分であるカプサイシンは血行を促進させ、代謝アップの効果が期待できます。

また、キムチは発酵食品なので、多くの食物性乳酸菌が含まれています。白菜の食物繊維との相乗効果で便秘解消やデトックス効果が高いのが特徴です。

お酒を飲むときは太りにくいものをチョイス

おつまみに気を配っていても、太りやすいお酒をチョイスしては意味がありませんよね?お酒には蒸留酒と醸造酒があり、蒸留酒の方が製造過程で不純物を含まないため分解のスピードが早いと言われています。

また、ビールや日本酒に含まれる糖質は血糖値の上昇を招きやすいので、お酒を飲むならウイスキーの水割りや焼酎の天然果汁サワー割りなどがオススメですよ。

《蒸留酒》 ウイスキー、ブランデー、焼酎
《醸造酒》 ビール、日本酒、ワイン、カクテル

ダイエット中でも楽しくお酒を飲もう

ダイエット中はストレスも溜まりやすく、家にこもりがちになります。しかし、飲むお酒とおつまみの種類さえ押さえていれば、普段の頑張りを無駄にすることなく楽しめます。

せっかく賢く選んでも飲み会の頻度や食べる量が多ければ失敗につながります。適度なスケジュールと飲む量、食べる量をあらかじめ決めて、楽しくお酒を飲みましょう。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.