ダイエット

リコピンでダイエット!リコピンで痩せるって本当?美肌にも効果的!

投稿日:

トマトに多く含まれているリコピンという成分が、ダイエットに効果的だという話を聞いたことがあるかもしれません。リコピンには肥満を予防する効果があると言われていますが、リコピンで本当に痩せるのでしょうか。リコピンのダイエット効果はもちろん、女性なら気になる美肌効果もあわせて検証してみましょう。

リコピンとは?

リコピンとは、赤色色素を持つカロテノイドの一種です。トマトが赤いのはこのリコピンが多く含まれているためです。リコピンは抗酸化力が強く、活性酸素をビタミンEの100倍も除去します。

活性酸素は人間の体内で常に発生する物質で細菌やウイルスをやっつける働きを持っていますが、生活習慣の乱れなどで過剰発生して悪影響を及ぼすのです。過剰発生した活性酸素はタンパク質や脂質を破壊することで、老化の原因になります。

活性酸素は老化を加速させるだけでなく、過剰に増加することで基礎代謝が減り太りやすい身体になってしまいます。

リコピンはこの活性酸素を消去するため、ダイエットにも美容にも良いとされているのです。

リコピンの効果

リコピンを摂取することでダイエットや美容に効果があると述べましたが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

脂肪細胞を抑制する

リコピンには抗酸化作用があり、それが脂肪細胞を抑制することが解明されています。脂肪細胞が蓄積されないということは、食べたものがきちんと消化されて余分な栄養が体内に溜まりにくいということです。

悪玉菌をやっつける

リコピンは悪玉菌を減らす効果も持っています。悪玉菌が増えると腸内に老廃物が溜まり、血液がドロドロになって血行が悪くなり、その結果、新陳代謝が悪くなります。新陳代謝が悪くなると脂肪がつきやすい身体になってしまうのです。

悪玉菌が増えると脂肪に蓄積だけでなく肌荒れが悪化したり、大腸がんなどの病気を発症することがあります。精神的にも悪影響をもたらし、セロトニンの分泌が減ることで気分の落ち込み、やる気がないなどの症状も出ることがあるのです。

リコピンは心身ともに悪影響を及ぼす悪玉菌をやっつけるため、ダイエット効果はもちろん健康そのものにも欠かせない存在です

紫外線から肌を守る

紫外線を長期間浴びるとシミやシワの原因になります。これは紫外線を浴びることで皮膚に活性酸素が生まれるためです。リコピンは活性酸素を除去する効果を持っているため、紫外線の影響を受けた肌の酸化を防止します。

リコピンの摂取方法

リコピンを摂取するには、リコピンを多く含む食材を食べたりサプリメントを摂りましょう。

リコピンを多く含む食材

リコピンを多く含む食材の代表として、下記のものがあります。

・トマト
・グァバ
・スイカ
・ピンクグレープフルーツ

そのまま食べてもリコピンを摂取できますが、リコピンは油に溶ける性質を持っています。油でおすすめなのがオリーブオイルです。サラダとの相性がいいですし、リコピンの吸収率を高める効果を持っているからです。また、加熱することでリコピンの吸収率が2~3倍に上がると言われています。

リコピンをサプリメントで摂取する

栄養サプリメントの中には、リコピンを主な栄養素としているものがあります。

・カゴメ リコピンVE
・リコピン コレステファイン
・トマトのちから など

ダイエットにも美容にも効くリコピンで美しくなろう

リコピンは過剰に増加すると身体に良くない活性酸素や悪玉菌を減らし、脂肪が蓄積されるのを防ぎます。また、紫外線から肌を守ってくれるため、肌の老化が気になる方にもオススメの栄養素です。

ダイエットで綺麗になりたいと思っている方は、リコピンの効果を利用したダイエットで、体重を減らしながら同時にお肌も若々しく保ってはいかがでしょうか。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2019 All Rights Reserved.