ダイエット

レモンにおけるダイエット効果とは

投稿日:

レモンによるダイエットは、毎日レモンを1個摂取することで、体内に蓄積している脂肪を体や脳を動かすエネルギーに変換してくれる作用を持っています。とても太りにくい身体を作ってくれるので、ダイエットにとても効果的な食材の一つなのです。それでは、このレモンダイエットについての特徴を見ていきましょう。

レモンの含有成分について

レモンには、下記のような成分が含まれています。

<レモンの含有成分>
・ビタミンC
・クエン酸
・ポリフェノール
・リモネン
・ペクチン
・カリウム
・リミノイド
・エリオシトリン

何と言ってもレモンと言えば、ビタミンCです。このビタミンCには、コラーゲンの合成に深く関与しており、メラニン色素の生成を防ぐ働きや美肌効果、喉の痛みを軽減する効果があります。

又クエン酸には、新陳代謝の向上によるダイエット効果や冷え性の改善、血液を浄化して流れをよくするので、動脈硬化、高血圧予防につながり、腎臓の機能も改善、腎臓結石を予防、カルシウムなどのミネラル吸収を促進する効果があります。

又レモンには、ポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用やアンチエイジング効果があります。

リモネンによるリラクゼーション効果や、食物繊維であるペクチンによる腸内環境の改善効果、リミノイドによって細胞をダメージから守り、がん細胞が生成を抑制する働き、エリオシトリンが、油に対して強い抗酸化作用をもっています。果汁にも果皮にも多く含まれている特徴があります。

レモンが促すダイエット効果とは

ビタミンCは、点滴にも使用されるほど、身体の状態を整える上で重要な働きをもっています。これだけでもレモンには、様々な効果が得られることがわかりますが、このレモンそのものがダイエットにも効果的な理由には、大きく3つの理由が挙げられます。

<レモンが促す3つのダイエット効果とは>
・脂肪燃焼効果
・ポリフェノールによる脂肪の排出機能
・代謝機能の向上

レモンには、特に脂肪を燃焼させる効果が高いと言われています。レモンダイエットは、脂肪をエネルギーに変化させ、代謝機能を向上させることで、脂肪の多い部分の燃焼効率を改善します。

またレモンの皮には豊富なポリフェノールが含まれているため、脂肪分の体外排出をサポートしてくれます。無理な減量ではなく、内臓脂肪など身体の中からキレイに痩せれるというのが、レモンダイエットの最大の魅力です。そして100gのレモンの中に100〜50mgもビタミンCを含んでいるため、ダイエット以外の嬉しい美容効果をもたらしてくれます。

又食欲を満たすペクチンがレモンの果肉、皮に豊富に含まれています。ペクチンは、食物繊維の一種であるため不要な糖分を摂取せずに、血糖値を抑えながら摂取できるメリットがあります。

レモンダイエット効果的な摂取ポイントとは

それでは、レモンダイエットを実践するといえども、そのまま摂取するのは過酷ですし、酸っぱすぎますので、長続きしないでしょう。それでは、効果的なレモンダイエット方法をご紹介していきましょう。

レモンダイエットにおいての重要ポイントとしては、レモンの栄養素を壊さないように効率よく摂取することです。

<レモンの効果的な摂取方法とは>
・レモンをそのまま食べるのが良い
・レモンの切り方で果汁量が増加!

<レモンダイエットに効果的なメニューとは>
・レモンのハチミツ漬け
・レモンジュース

レモンは、なるべく皮ごと摂取することで、より多くの栄養成分を摂取することが可能です。なるべくそのまま食べる方がよいですが、毎日そのまま摂取するのは、大変だと思いますので、レモンのハチミツ漬け等にするのがオススメです。

これは保存にも最適で、そのまま食べてもレモンティーに入れたりもできるので、とても有効的な摂取方法です。もちろんジュースでも十分ビタミンは摂取できます。

朝に摂りやすいジュースが良いという方は、1杯の水にレモン1/2個の絞り汁を入れ、ハチミツで少し味付けをして飲むのもよい方法ですが、こしたりしてしまうと食物繊維が抜けてしまいますので、なるべく果肉や皮も一緒に摂取するのが栄養成分を効率的に摂取することができます。

又レモンのカットの仕方で果汁量が3倍変化してきます。輪切りにカットするのではなく、縦に半分にするようすることで、これだけで果汁や栄養成分を逃がさずに摂取することができるのです。

レモンを使用する上での注意点とは

レモンダイエットを行う上で、レモン自体の栄養が損なわれたレモンを使用していては、効果がありません。なるべくレモンを使用する際には、国産のレモンを使用するようにしましょう。

外国産のレモンは農薬量が多いため、皮の部分には農薬が多く付着します。できれば皮まで使用する方が効果が得られますので、比較的安心な国産のものを選ぶようにしましょう。

まとめ

レモンダイエットと言っても、レモンだけでは当然人が生きていく上での栄養素の絶対量が足りません。レモンの摂取ばかりで他の食事量を減らす方がいますが、レモン自体カロリーが低いため、通常の食事量も減らすことは必要なエネルギーを摂取を減らすことは、ダイエットの効果を逆に損ねてしまいます。

毎日栄養バランスを考えた規則正しい食事を行いながら、基礎代謝を落とさずにダイエットをすすめていきましょう。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2019 All Rights Reserved.