ダイエット

運動によるダイエット法とは

投稿日:

皆様は、ダイエットをしたいと思って、食事制限をしたり、運動をしたり様々なことを想像するかと思います。運動もダイエットをする上で効果的な方法の一つですが、どんな運動をしたらよいのかわからい方も多いのではないでしょうか?今回は、この運動において、ダイエットがうまく方法をご紹介していきましょう。

ダイエットには有酸素運動が一番!その理由とは

まず運動には大きく分けて2つの方法があります。それは、「有酸素運動」「無酸素運動」があります。

有酸素運動

有酸素運動は名前の、とおり、体内に酸素をとりこむことで効率よく脂肪を燃焼させる運動です。ウォーキングやジョギング、ランニング、水泳などのことを指します。

無酸素運動

無酸素運動は、酸素を必要としない運動なので、脂肪を燃焼させる効果は低くく、短距離走や筋トレなどが無酸素運動に当たります。

有酸素運動がなぜダイエットに良いのか、簡単にみていきましょう。

<有酸素運動によって脂肪が燃える理由とは>
有酸素運動を始めると、エネルギーを生み出すために、血液中の糖分と呼吸で得た酸素を結合させます。そして血液中の糖分が少なくなっていくにつれて、体にたまっている脂肪を使い始めるので、ダイエット効果があるといわれているのです。

昔は、有酸素運動で脂肪を燃焼させるには、有酸素運動を30分以上続けないと効果が得られないといわれてきましたが、近年の研究で、有酸素運動を始めた時から脂肪が燃焼することが分かっています。

有酸素運動は、続ければ続けるほど、その脂肪燃焼効果は高まるのです。つまり、短時間でも有酸素運動をすればダイエット効果が得られるので、積極的に生活の中に有酸素運動を取り込むようにしましょう。

運動によるダイエットにおいて重要なこととは

運動において重要なことは、大きく3つのポイントがあります。

<運動によるダイエットにおいて3つのポイントとは>
・消費カロリーが高い
・継続できるかどうか
・脂肪に直接働きかけられているか

上記3つが運動によるダイエットで注目すべき点になります。なによりもダイエットは継続が力なりです。ダイエットをするには長い間継続できるかどうかが一番のネックポイントになります。

無理なく続けられるダイエット法をしっかり確立させていくことが重要なポイントになります。又カロリーについても消費できているのかがわからないかと思います。消費しやすい運動方法を知ることも大切なのです。

ダイエットに効果的な運動法とは?

それでは、実際にどんな運動法が、ダイエットにおいて効果的な方法なのか、消費カロリーが高くかつ継続可能なダイエット効果の高い運動をいくつかご紹介していきましょう。

<ダイエット効果が高い運動法とは>
・ウォーキング
・ジョギング
・水泳
・縄跳び
・ヨガ

何と言ってももっとも効果的なのが、有酸素運動であるウォーキングやジョギングになります。部分的な運動ではなく、全身を使う運動なので、消費カロリーが高く、長く継続して続ける上でとても効果的な運動法で、慣れてくれば、1時間程度休みなく走ることも可能です。

ジョギングをしながら、身体にひねりを加えたりすることで、いっそう身体の部分部分に負荷をかけることができ、ダイエット効果を促すことができます。

又水泳も全身に働きかける運動の一つであり、水の抵抗によりいっそう消費カロリーを高くすることができます。又浮力のため体の負担が少ないので、怪我の心配もなく長時間行うことができます。

縄跳びは、意外にもカロリーを消費する運動の一つですが、上下の運動が激しいため、足への負担も高く、負荷がかかります。

在宅でオススメな有酸素運動とは

ウォーキングやジョギング等の有酸素運動は、雨の日にはできなくなります。そんな時でも実践できるのは在宅でも可能な有酸素運動法を知っておくことで、在宅でもダイエットが可能です。

そんな在宅でもオススメな有酸素運動をご紹介していきましょう。

<オススメ在宅有酸素運動法とは>
・エクササイズ
・フラフープ
・スクワット

1.エクササイズ

ちょっとしたダンスやエクササイズは、楽しみながら運動できる点にあります。ここまでご紹介してきた有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果はありますが、動きが単調ですので飽きっぽい方はすぐに飽きてしまうかもしれません。

有酸素運動も続けなければ脂肪が落ちません。でも、楽しみならができるダンスエクササイズだったら、長く続けられるダイエットができる可能性が高くなります。

2.フラフープ

フラフープを回しているとお腹や腰回りの筋肉を使い、さらにはフラフープがお腹を刺激するので、お腹の引き締めにも効果があります。最近では、フラフープは、100円ショップでも売られているぐらい、とてもお買い求めやすくなっているので、すぐにでも始められます。

フラフープは、先ほどの踏み台昇降よりフラフープを回すだけ少し場所をとります。でも、踏み台昇降と同じように天候に左右されず、気軽に始めることができます。

ちなみにフラフープの消費カロリーは30分で300kcal程になるといわれています。早歩きのウォーキングで30分しても、200kcalは消費できないことから考えると、フラフープの消費カロリーの高さがうかがえます。

3.スクワット

スクワットは、筋トレの代表的な運動なので無酸素運動のような感じがしますが、強度を落とせば立派な有酸素運動になってくれます。代謝を上げて痩せやすい体をつくる!

またスクワットは、全身の筋肉の60〜70%を占める下半身の筋肉を鍛えるため、筋肉量を増やして代謝の高い体をつくることもできるんですよ。ダイエットにとって代謝を上げることは大切。代謝が上がれば上がるほど消費エネルギーが増え、痩せやすくなります。

まとめ

ダイエットにおいて効果的な運動法は、有酸素運動です。しかし、この有酸素運動が継続しなれば、何の効果もありません。ダイエットにおいて重要なポイントは、

・継続できる
・摂取したエネルギーが消費される

ことです。在宅でもできる継続してできる自分にとって楽しい有酸素運動を身に付けることがダイエットへの近道になります。

もしもっと精度を上げるには、脂肪が貯まっている部分に直接働きかけるように、しながら行うことでいっそうダイエット効果を与えることができますので、こうした点に気を配りながら、ダイエットを継続して行っていきましょう。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.