ダイエット

様々な飲み物に関するダイエット効果を促す飲料とは!

投稿日:

人は毎日水分を摂取しなくてはいけません。しかし、身体のためと思って毎日定期的に飲んでいても以外と正しい飲み方やどんな飲み物が身体に良いか分からない人もいるかと思います。特に甘いの飲み物ばかりを摂取していると、肥満になってしまうこともあります。飲み物の正しい飲み方を覚えて、肥満にならない正しい水分の取り方を身につけていきましょう。

水の飲み方とは

水は、人の身体においてとても重要な飲料です。特にミネラルウォーターは、健康を維持するのに欠かせない飲料水です。朝目覚めの一杯に飲むことは、消化器官に刺激を与え、動かすのに効果的です。

しかし、あまりに冷しすぎたミネラルウォーターを飲むとかえって臓器に負担をかけてしまいますので、注意しましょう。飲料水を摂取するに当たって、なるべく常温の、体に優しい温度のものを取り入れることが大切です。

こうした朝起きた段階から腸に軽い刺激を与えることはダイエットをする上でも大切なことで、カロリーの消費につながっていくのです。

白湯の効果効能とは

近年白湯に関しても注目を集めている飲み物で、白湯とは、一般的には言えば、ただのお湯です。しかし、このただのお湯を侮ってはいけません。白湯は内臓機能を温める効果があるので、全身の血の巡りがよくなり基礎代謝が向上します。

それにより太りにくい身体ができ、むくみ解消やデトックス効果があり、お肌の保湿効果や体内の老廃物を流す効果が期待できます。普段の生活の中で飲む物を白湯に変えるだけ、たったこれだけで最低限の美と健康を保つことができるのです。

身体の代謝を上げることこそダイエットに向けたより良い効果と言えるでしょう。

最近流行の健康ドリンク「スムージー」の効果とは

最近健康食品として、美容や健康・ダイエットに効果があると話題となったスムージー。スムージーとは、緑黄色野菜を使用してミキサーにかけて作ったドリンクです。

以前は野菜のみのスムージー多かったのですが、今では飲みやすさを追求した果物を加えるスムージーも増えてきました。

<スムージーの効果とは>
スムージーは、定期的に飲むことで美容・健康・ダイエット効果が得られます。

1.ダイエットに!

スムージーは、食物繊維やビタミン等の栄養分を凝縮させたものなので、手軽に摂取でき、栄養価が高いので、ダイエットに適しています。朝食や昼食、夕食に、このスムージーを飲むことで、総摂取カロリーが抑えられるので、ダイエット効果があります。しかも、ミネラルなどの栄養を補えますから、ダイエットによる肌荒れ防止にも適しています。

2.便秘解消に!

食物繊維が豊富な野菜を中心にすることで便秘解消に効果的です。便秘薬を使うよりも断然、体に良い方法ですし、腸内環境が整えられます。

3.美肌効果に!

栄養素の良さが吸収されること、便秘が解消されることなども美肌効果に関係しています。具体的には、野菜に含まれる天然酵素の働きによるものです。

スムージを摂取するタイミングとは

スムージは、食事と一緒に摂ると、せっかくの栄養の吸収が阻害されてしまいます。液体に凝縮した栄養価の高いドリンクですので、しっかりその栄養が吸収されるタイミングに摂取することが理想です。そのタイミングは...

朝の目覚めの一杯に

朝は吸収力が最も高いため、目覚めの一杯に飲むと栄養がしっかり吸収されます。消化吸収の時間、約40分ほど置いてから飲むと効果的です。

空腹時やお風呂上り

固形物よりも液化しているものは、吸収性が高いため、空腹時やお風呂上り等吸収性が高い時間帯に摂取する

体温が上昇に伴って

体温が上昇してから飲むのも悪くありません。体温が上昇すると、吸収性が良くなると言われています。人は起きてから、徐々に体温が高くなるので起床後1〜2時間後も飲むタイミングとしてベストです。

コーヒーにおけるダイエット効果とは

実は、コーヒーもダイエット効果が期待されている飲料の一つです。コーヒーに含まれている「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分に、ダイエット効果が期待されています。

・カフェイン:脂肪を分解する酵素を活発にする
・クロロゲン酸:脂肪を燃焼させる

2つの成分が含まれていることで、からだに蓄積された脂肪を燃焼しやすく、食事から摂取した脂肪をからだに蓄積しにくくする働きがあるのです。

コーヒーには発ガン性があるといわれていましたが、現在では逆に発ガン性物質の生成を抑制する働きが認められています。気をつけたいことは、カフェインの摂取量にあります。

カフェインはコーヒーに限らず、緑茶や紅茶、烏龍茶、コーラ等にも含まれています。1日のカフェインの摂取量が500mg以上になると、副作用が出やすくなります。

コーヒーダイエットでは、1日4杯(150ml×4杯)までと決められています。適量のコーヒーは、からだに害があるどころか、むしろ優秀なダイエット飲料であることを覚えておきましょう。

まとめ

このように、普段私たちが飲んでいる飲み物には、様々な効果があり、身体を温め、代謝機能を向上させる力、食物繊維を豊富に含んだ便秘解消効果のある飲料等、様々なものが存在します。

ダイエットするための飲料は、こうした身体や臓器の機能の改善効果がダイエットに結び付いてきており、つまり、ダイエットできているということは、身体の代謝が良くなって健康になってきているのです。

ダイエットを成功させるためには、こうした飲料の栄養成分や効果等をしっかり理解した上で、始めることがとても大切になることを覚えておきましょう。又どんな飲み物でも過剰摂取は、身体に悪影響を与え、ダイエットには逆効果になることもあります。

必ず無理のない摂取量を守りながら摂取することをオススメします。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2019 All Rights Reserved.