ダイエット

コーヒーとダイエットの関係とは?コーヒーダイエットってどうやるの?

投稿日:

コーヒーはダイエットによいといいますが、コーヒーに含まれるカフェインは身体によくないとも言われます。コーヒーは飲んだほうがよいのでしょうか?飲まないほうがよいのでしょうか?

コーヒーダイエットの効果

「コーヒーを飲むと痩せる」理由をお話しましょう。コーヒーを飲むと痩せる理由で最も影響を与えているのは「カフェイン」。え?カフェインの効果って眠気を覚ますことじゃないの?と思った人もいると思います。

それも正解なのですが、カフェインにはそれ以外に脂肪分解酵素のリパーゼの働きを促進するはたらきがあるのです。さらに、コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」という成分も、脂肪分解作用と脂肪の蓄積を抑制する作用を持っています。

そのため、コーヒーはカフェインとクロロゲン酸のダブルでダイエット効果が期待できるというわけです。さらにカフェインには老廃物を排出する働きもあるので、ダイエット効果はバツグンだというわけです。

コーヒーダイエットに適したコーヒーの飲み方

とはいえ、コーヒーを大量に飲みすぎてしまうと、夜眠れなくなってしまうという声もあります。ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方は、アイスコーヒーよりもホットコーヒーで。ダイエット効果がなくなるわけではありませんが、ミルクや砂糖を入れるとカロリーアップにつながり、ダイエットになりません。

そのため、できればブラックが効果的。濃く淹れる必要はありませんので薄くしても構いません。どうしてもブラックが辛い場合のみ、少量の砂糖を入れて飲んでください。

抽出に使うお湯には熱湯は避けましょう。クロロゲン酸は熱に弱いので抽出の際に分解してしまってはダイエット効果が半減してしまいます。コーヒー専門店では沸かしたての熱湯を使っているのに?と思うかもしれません。

実はコーヒー専門店ではポットの高さを調節して適温まで温度を下げて抽出しています。まさにプロの技です。自宅で再現は難しいですから、予め80度くらいまで冷ました湯を使うようにしましょう。

ダイエットに効果的なコーヒーを飲むタイミング

脂肪分解酵素の働きを促進するカフェインと、脂肪分解作用を持つクロロゲン酸の効果を最大限に発揮するタイミングというと、まずは「食事の後」です。ランチタイム等、食後のコーヒーをオーダーする人もいると思いますが、この飲み方はダイエットにはバツグンです。

また、運動する前も効果的です。運動する前に飲めば、分解した脂肪を運動のためのエネルギーとして燃焼することができます。ただし、飲んですぐに運動するよりも飲んでから30分くらいしてからのほうが効果が高いようです。

この2つを組み合わせて「ランチの後コーヒーを飲んで運動する」と非常に効果的です。お休みの日などに試してみてください。逆に、寝る前に飲むのだけはおすすめできません。カフェインの覚醒効果で眠れなくなってしまいますし、仮に眠れたとしても眠りが浅くなってしまいます。

どのくらい飲んだらいいの?

最後に飲む量についてです。カフェインは少量であれば、健康にいいものですが、摂りすぎてはいけません。濃さにもよるとは思いますが、諸外国の研究でコーヒーを飲んで健康な人は1日あたり4~5杯以内の人だったというデータもあります。

1日1杯でも効果があるという結果もあるようですから、「コーヒーを飲めば痩せる!」とやみ雲に量を飲めばいいわけではないし、暇さえあればなどと飲み続ければよいというものでもないようです。

今までコーヒーを飲んでいなかった人にとっては、まずはダイエットと健康のために1日1杯のコーヒーからというのが、よいのではないかと思います。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.