ダイエット

眠気覚ましだけじゃない?ダイエットにも効果的なブラックコーヒーご紹介

投稿日:

コーヒーの香りってリラックス効果がありますよね。淹れたてはもちろん、コーヒー豆の薫りもほっとさせてくれるのでブレイクタイムにぴったりです。さて、ブラックコーヒーについて体にいいという説や逆に悪いという説、様々ありますが実際のところどうなのでしょうか?ダイエットに効果的な飲み方や効果など、あるのでしょうか?今回はそんなブラックコーヒーについてまとめてみました。

ブラックコーヒーは太る?ダイエットとの関係性について

「ブラックコーヒーはダイエットに効く」と言われたり、あるいはその真逆で「ブラックコーヒーは実は太る」と噂されたりしていますが、実際のところコーヒーとダイエットの関係はどうなのでしょうか?

実はコーヒーは、飲み方によってはかなりのダイエット効果が期待できるといわれています。その根拠として言われているのが、コーヒーに含まれる『カフェイン』と、ポリフェノールの一種である『クロロゲン酸』には、脂肪の分解を促す作用があるので、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットの助けになるのだそう。

その他にもカフェインには、血行促進効果、利尿作用、腸の運動を促進する働きがあるとされています。つまり、血行促進効果により身体の代謝が上がり、利尿作用により体内にたまった余分な水分や老廃物が排出し、腸の運動の促進により便秘が解消されると、実はコーヒーにはダイエットをサポートする働きがたくさんあるんですね。

なので、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動の前にコーヒーを飲むと良いと言うのには一理あるというわけです。

ブラックコーヒーは一日何杯までならOK?カフェイン摂取量の限度とは

ダイエットにも効果的なブラックコーヒー。では一日に何杯までなら飲んでもOKなんでしょうか?これは人によって異なりますが、一般的には『1日400mg』と言われています。

具体的な数値に言うと、コーヒー3杯で、カフェイン400㎎を摂取したことになるそうです。カフェイン取りすぎのデメリットとしては、『胃に負担がかかる』『急性中毒症(神経過敏・睡眠障害・顔面紅潮・嘔吐等)』『血圧の上昇』『貧血』などがあげられていますので、くれぐれも過剰摂取には気を付けましょう。

また、薬を飲んでいる人は、その薬によってはカフェイン摂取を制限されたり、避けるように指示される場合があります。この場合には、どんなにコーヒーが飲みたくても医師の指示にきちんと従うようにしましょう。

コーヒーを飲むのであれば、そのメリットもデメリットも把握した上で、正しく健康に役立つ飲み方をしたいものですね!

ブラックコーヒーのダイエット以外の効能について

先ほど、メリットの部分でもお伝えをしましたが、ではダイエット以外には具体的にはどのような説があるのか、まとめてみました。

1:コレステロール値を下げ、心臓病を予防

先ほどあげた、クロロゲン酸やカフェインによって、心臓病の予防効果があるとされています。

2:動脈硬化の予防

コーヒーに含まれるポリフェノールが、動脈硬化を予防に役立つとされています。

3:がん予防

クロロゲン酸の作用により、ガン予防の効果が期待されるとの学説もあります。

4:頭痛(特に二日酔いによる頭痛)の緩和

頭痛の原因であるアセトアルデヒトに、コーヒーに含まれるカフェインが作用することにより、頭痛の緩和を導いてくれるそうです。

5:風邪予防

コーヒーと風邪はなかなか結びつきませんが、コーヒーには、体温を少し下げる効果があり、利尿作用によって風邪のウイルスが排出されやすくなると言われています。また、カフェインが交感神経を高め、咳等を緩和してくれる効果も。

ただし、飲み過ぎたり、風邪薬との飲み合わせによる副作用があったりするので、この点はくれぐれも注意が必要です。

6:美肌効果

最近の学説の調査結果では1日2杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べてシミが少ないということがわかったとされています。

これは、コーヒーにはビタミンB群が含まれていて、血行促進の作用もあるため、美肌効果が期待できるのではないか、ということだそうです。コーヒーには以外にもたくさんの健康効果が期待できるんですね。

コーヒーを飲むベストタイミングとは。健康的にコーヒーを取り入れましょう!

ではコーヒーは、いつ飲むのが一番良いのでしょうか?実は海外の科学的な調査では、「午前9:30~11:30」または、「午後2:00~5:00」が最適であると伝えられています。

これは、8:00~9:00と正午~1時、そして午後5:30~6:30は、体を目覚めさせるためにコルチゾールの血中濃度が最も高くなる時間帯で、この時間帯にカフェインを摂取しても、カフェインの効果は出ず、一方、午前9:30~11:30は、ゴルチゾールが下がってくる時間帯なので、この時間にコーヒーを飲めば、カフェインの効果が高まるからだそう。

目覚めの朝コーヒーは意外にもあまり効果がなく、おすすめできない飲み方ということでちょっと驚きです。

なんにしてもコーヒーはダイエットサポート飲料としても健康飲料としても効果のある優秀飲料であることがわかりました。健康的にコーヒーを取り入れて効果的なダイエットに取り組んでみませんか?

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2018 All Rights Reserved.