ダイエット

今流行りのりんごダイエット!りんごにおけるダイエット効果とは

投稿日:

皆様は、りんごダイエットをご存知ですか?なんかりんごがダイエットに本当に効果的なのと思う方も多いのではないでしょうか?りんごダイエットとは、いったいどんなダイエット法なのかを解説していきましょう。

りんごダイエットとは

りんごダイエットは、ただりんごだけを食べるというダイエットではありません。ダイエットの中でもりんごダイエットは置き換えダイエットとも呼ばれています。

これは、1日3食食べる食事の中で1〜2食をりんごに置き換えることで相対的なカロリーを抑えながら、1食だけ好きなものを食べるという様なダイエット法になります。又りんご自体のカロリーも非常に低いためダイエットにはもってこいの食材と言えます。

<りんご自体1個当たりの摂取カロリーについて>
・1個分当たりの摂取カロリー約100〜150kcal

このように、1個当たりの摂取量が多く、咀嚼回数が増えるにもかかわらず、摂取カロリーが低いため、ダイエットに効果的なのです。

りんごの有効成分とは

りんごには、りんごダイエットに効果的な3つの有効成分が含まれています。

<りんごの有効成分について>
・2種類の食物繊維「アップルペクチン」と「セルロース」
・ポリフェノール
・カリウム
・クエン酸/リンゴ酸
・ポリフェノール

ペクチン ・・・水溶性食物繊維
セルロース・・・不溶性食物繊維

りんごダイエットが効果的である理由には、りんごに多く含まれる食物繊維には、腸内に溜まった老廃物をからめとってくれる作用がありますので、腸内環境を整えてくれます

この食物繊維には、水溶性食物繊維の「ペクチン」と、不溶性食物繊維の「セルロース」が含まれており、このペクチンには、糖や脂肪が体内に吸収されるのを抑制する効果と解毒作用もあり、下痢や腹痛などにもとても効果が期待されています。

又セルロースには、食物の消化管内の滞留時間を短縮させることで、腸管内で胆汁酸や重金属類を吸着し排泄する効果や大腸ガン予防に有効なのです。

りんごには、このペクチンが非常に豊富に含有されているため、このゼリー状のペクチンが糖や脂肪の消化吸収を抑えてくれます。日常的にりんごを摂取することで、カロリーの吸収を抑制することができます。

食事時の前に食べれば満腹感も出て食事全体の量を抑えられるというメリットもあります。又りんごには、クエン酸やリンゴ酸も含まれており、疲労回復や二日酔い、消化促進に効果があると言われます。その他にも肩こりや腰痛を予防する効果があります。

そして、もう一つが、抗酸化作用を持つポリフェノールです。近年体内に発生する活性酸素を抑えるのに有効な抗酸化作用をもつ成分が、老化の防止に役立つとして注目を集めるようになりました。

ポリフェノールは、様々な食品に含まれていますが、りんごに含有されるポリフェノールは、質のよいポリフェノールを持っています。りんごのポリフェノールは、アンチエイジングに効くだけでなく、内臓脂肪を減らす作用があることが確認されています。

リンゴポリフェノールは脂肪の吸収を抑えるだけでなく、脂肪の分解を促す細胞に働きかける作用があるのです。新たな脂肪の吸収の防止と既にある脂肪の分解の二段構えです。結果として生活習慣病予防につながります。

りんごダイエットの効果について

それでは、このりんごダイエットにはどんな効果が得られるのでしょうか?このりんごダイエットには、大きく4つの効果があります。

<りんごダイエットによる5つのもたらす効果とは>
・腸内環境改善
・基礎代謝の向上
・血管機能の正常化
・生活習慣病の予防
・虫歯の予防
・抗酸化作用

りんごは、食物繊維が豊富な食べのものであり、コレステロールや食品添加物等の身体で燃焼しにくい余分なものを便と一緒に絡め取りながら体外に排出する効果があります。

ダイエットにおいてもっとも重要なことは、代謝を向上させることにあります。この代謝機能の改善及び向上には、腸内環境を改善することにあり、りんごは、腸内環境の掃除役として便秘の改善効果が期待されている食べ物なのです。

量の割には、カロリーが少ないため、腸内環境を整えながら、カロリーを抑えることで代謝機能が向上し、ダイエットに適した食べ物と言えるのです。

又りんごには、カリウムが含まれており、余分な塩分を排出し血圧を下げる効果があるため、血管内の機能を正常に保つ効果が期待されています。その他にも、りんごに含有されているアップルフェロンという成分が虫歯の予防に繋がります。

血圧の低下を促したり、余分なコレステロールを除去に繋がり、心臓病やや脳卒中など生活習慣病等の予防に繋がっていきます。

ダイエットに効果的なりんごの摂取方法とは

それでは、りんごダイエットの効果的に実現する上で、どのような摂取方法が良いのでしょうか?又どのような点に注意するのかを解説していきましょう。

<りんごの効果的な摂取の仕方とは>
・全食りんごでは栄養素が足りない
・1日3食、1食りんごで2食別メニューを実践しましょう!
・なるべく夜に摂取しましょう!
・皮も一緒に食べよう!

まずこの4つを実践するようにしましょう。りんごダイエットと言っても、その他の食材を摂取しなことは決して良いことではありません。それは、りんごだけでは人間が必要とする栄養成分が少ないからです。

ダイエットを実践する上で重要ことは、身体に必要な栄養素をしっかり摂取した上で、摂取カロリーを抑えられるかがダイエットを進める上で重要なポイントになります。

そのために1日のうち1食は、必ず別メニューの栄養のあるものを摂取しましょう。身体の基礎代謝が低下してしまってはダイエット効果が低減してしまうためなのです。ダイエットを成功させるためには、身体の仕組みをしっかり理解した上で行うことが大切です。

又りんごダイエットをする上で重要なことは、りんごを摂取するタイミングにあります。なるべく夜に摂取することをオススメします。これは、夜は、栄養素があまり必要とされないためです。これにより、身体に蓄積している脂肪分を燃焼させていくことができます。

そしてもう一つダイエットに有効な成分の食物繊維やポリフェノールは、実は、実よりも皮に多く含まれています。皮を剥いて食べてしまうとその効果を十分に得ることができなくなってしまいます。

1食をりんごのみに置き換えるのが難しい方は、食前にりんごを1個食べてから通常の食事するのも良いでしょう。何よりも、りんごである程度の満腹感を得ることが絶対的な食事量を減らすことができるのがメリットがあるのです。

りんごダイエットをするということは、それだけ栄養成分を極限にまで減らしている状態です。そこにハードな運動取り入れると体が慢性的にカロリー不足となり体調不良の原因となってしまいます。ハードな運動は、なるべく避けるようにしましょう。

-ダイエット

Copyright© モバラヴ , 2019 All Rights Reserved.